日本人の日常変化とがん保険

日本人の日常変化とがん保険

日本人の日常変化とがん保険 日本人のがんで、上位になっているものをご存知ですか?
以前は、胃がんや肺がんが上位を占めていました。肺がんの多くは喫煙による被害とされていました。

現在では、分煙や禁煙のエリアが設けられたり、タバコ自体の価格が上げられるなどの影響で、喫煙する人口は減ってきています。
しかしながら、がん全体の患者が減る、ということではないのです。

日本では、食生活の変化で、がんも変化しています。
消化器官におけるがん、直腸がんと結腸がんを合わせて、大腸がんと呼ばれる病状は増加しているのです。
これは、淡白で野菜中心の日本食から、肉類、油、卵などのたんぱく質の増加という、いわゆる欧米化した食生活に移行したことが原因とされています。そうした食生活の変化で、日本人の肥満割合が上がってきています。それが大腸がんと深く関わっているのです。

また、そのほかの大腸がん発症の原因としては、加齢、喫煙、飲酒も上げられます。
肥満や喫煙、飲酒という問題を取り除くことは自己管理という孤独な戦いです。油断していると、気がつかないうちにがんに侵されていることもあるでしょう。
そうした場合の為に、がん保険への加入は重要となります。
がん保険という手段を用いて、日常生活を安心して送りませんか。

トピックス