がん保険のタイミングを考えましょう

まだ早い?もう遅い?とがん保険の加入のタイミングを逃していませんか。

がん保険に早いうちに入っておかなくてはいけないのか、心配になる方もいらっしゃることでしょう。
早めに入るのが得なのか、損なのか、実際に、必要となるタイミングを考えてみましょう。

実は、早いから絶対に得とは限らないのです。
定期保険についてみてみると、若いうちに入れば支払額がかなり安い場合がほとんどです。しかしながら、長期的に加入すると最終的な支払額が高くなってしまうことがあります。
若いうちに加入した定期保険は若いうちだけにしておく、と考えてよいでしょう。

次に終身保険についてみてみましょう。
終身保険は、年齢で支払う額については月額も総額も少々差が出ます。若いうちに入った場合は、高齢で加入した場合の八割ほどの支払いとなります。
保険料の値上がり率は、高齢で加入する場合のほうが高くなっていく、という特徴もあります。

終身保険のがん保険と、定期保険のがん保険ではオプションとして違いのあることもしばしば見受けられます。だからこそ、がん保険の加入タイミングは重要なのです。
オプションの適用と、年齢、月額の支払い負担など、全てを踏まえて賢い選択をしましょう。